MENU

意外と多い?!貧血で献血ができない人の為の改善メソッド!

最近の献血ルームっておしゃれですし、いろいろなサービスを受けることができてなんだか快適になりましたよね。

 

その快適さを求めて献血に行くという人もいるほどですが、意外と多いのが検査をした後に献血ができないと言われることです。

 

貧血のために献血ができないというのは意外とよくある話で、ちょっと寂しい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、そんな貧血のために献血ができないという人のための改善メソッドをご紹介します!

 

献血の条件って?

 

まず始めに、献血を安全に行うためにはどんな条件を満たしていればいいのでしょうか。

 

主に血液に関する条件ですが、成人の場合は次のような条件を満たしている必要があります。

 

・成人男性 12 g/dL以上
・成人女性 12 g/dL以上

 

献血の種類によって数値は若干前後しますが、最低でもこのラインを満たしていれば献血は行うことができます。

 

次では貧血の症状について詳しく見ていきましょう。

 

貧血ってどんな状態?

 

貧血はカラダの中のヘモグロビン濃度が減少している状態を指します。
ヘモグロビン濃度は数値化することができますが、貧血と言われる状態は次のような場合です。

 

・成人男性 14 g/dL未満
・成人女性 12 g/dL未満

 

ヘモグロビン濃度が次の数値を切る場合は貧血で、この場合は一部を除いて献血を行うことはできません。

 

貧血になるとカラダがフラフラしたりカラダの疲れが抜けなかったりといった体の不調につながるため、安全性を考慮した上で献血をすることができないのです。

 

貧血を改善するために大切な3つのメソッド

 

ココからは、そんな献血の天敵である“貧血”を改善するための方法をご紹介します!

 

貧血を効率的に改善していくためには次の3つのポイントを守りましょう。

 

1.食生活を改善する
2.鉄分補給をする
3.ビタミンCを一緒に摂る

 

まずは食生活についてですが、貧血と診断される人の多くは日頃の食事から十分に鉄分が取れていないことが考えられます。

 

そのためまずは食生活を見直して、鉄分の多く含まれる肉や魚などの食材をつかって食事から鉄分を取る様に心がけましょう。

 

ただ、毎日鉄分を意識したレシピを考えるのって中々難しいですよね。
そんな人は食事で足りなかった鉄分を補給することができるサプリを使ってみると良いでしょう。

 

鉄分サプリは食事で足りない鉄分を簡単に補給することができるので、時間がなくて料理が作れないという人やレシピをうまく考えられないという人にもピッタリです。

 

そしてもう一つ意識してほしいことが鉄分補給のときには一緒にビタミンCも摂るようにすることです。

 

ビタミンCは鉄分のカラダへの吸収を助けてくれる働きを持っているため、より効率的に鉄分補給をしたいときには欠かせない栄養素なのです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

いままで貧血で献血をすることができなくて歯がゆい思いをしたという人も、3つのポイントを守って行動すれば貧血は改善することができます。

 

貧血でいても良いことはないので、健康のためにも実践してみると良いでしょう。